助産師の転職先の選び方と内定をもらうためのポイント

助産師の転職先の選び方と内定をもらうためのポイント

こんにちは、助産師ブロガーあかめ(@women_akame)です^^

妊婦の心身を支え、分娩をサポートする助産師の仕事には、やりがいが感じている方が多いのではないでしょうか。

やりがいはあっても、収入面や人間関係、などに不満を感じ、転職を考えるケースもあるでしょう。引っ越しや結婚などを機に転職を考える方もいます。そんなとき、何を基準に転職先を選べばよいわからない方もいますよね。

そこで今回は、助産師の転職先の選び方と内定をもらうためのポイントをご紹介します。

あかめ
私は助産師で働いてから、一度転職を経験しています。前の職場は残業が多かったのですが、今の職場はほとんど定時であがることができるので、自分の時間を作れるようになりました。

助産師はどこに転職できる?

助産師はどこに転職できる?

助産師が転職できるところは、個人・法人の産科または産婦人科、大学病院や総合病院、助産院などです。それぞれの特徴を詳しくご紹介します。

個人・法人の産科または産婦人科

個人・法人の産科、産婦人科の特徴は、各院に特色があるところです。内装や食事、部屋のクオリティなどにこだわりを持っているクリニックが多く、選んでもらえるように様々な取り組みを行っています。

そのため、妊婦に対するコミュニケーションやアドバイス、立ち振る舞いなどを細かく指導しているケースもあるのです。人気が高いクリニックは分娩数が非常に多く、一般的なクリニックよりも忙しくなります。その分、待遇がよいことが特徴です。そのため、個人・法人の産科、産婦人科は次のような人に向いていると言えるでしょう。

産婦人科に向いてる人

  • より多くの収入を得たい
  • 経験を積みたい
  • ホスピタリティを高いレベルで学びたい

ただし、忙しいだけあって、夜勤や残業の回数が多いことや、クリニックによっては教育体制が整っていないことなどデメリットもあります。そのため、どのクリニックを選ぶかよく考えることが大切です。

大学病院

大学病院は、基本的にハイリスクな妊婦を受け入れています。何らかの病気を持つために予定帝王切開が必要であったり、その他容体が急変する可能性があったりする場合に大学病院で分娩することになります。

大学病院では、通常とは異なる分娩を経験でき、教育体制も整っています。また、給料も比較的高く、夜勤や残業が過度に多い大学病院はあまりみられません。働いている助産師の数も多いため、短時間勤務も可能です。中には、託児所つきの大学病院もあり、子供を預けて働くこともできます。これらを踏まえると、次のような方に大学病院が向いていると言えるでしょう。

大学病院に向いてる人

  • より多くの収入を求めている
  • 多様な働き方を求めている
  • 異常分娩の経験を増やしたい

目立ったデメリットはありませんが、助産師が足りている病院だと、看護師が足りていない他の科への移動を求められることがあります。

総合病院

総合病院は、産科に力を入れているところもあれば、ほとんど力を入れていないところもあります。場合によっては分娩数が少なく、経験を積めないこともあります。産科の規模が大きければ、それだけ多くの経験を積めるので、事前に確認が必要です。助産師が少ない場合もあるため、忙しい病院もあるようです。

また、比較的給料が低い傾向があるため、高収入を求める方には向かないかもしれません。

助産院

助産院では、正常分娩のみ取り扱います。しかし、助産院に駆け込む妊婦もいるため、正常かどうかを見極める能力が必要です。また、母乳のケアや育児指導など、分娩後のサポートを行うことも特徴です。その他、助産院特有の分娩方法があるなど、他の職場よりも特別な経験を積めます。

ただし、助産院は基本的に経験豊富な助産師しか雇用しないため、助産師になったばかりで経験が浅い場合は雇ってもらえない可能性があります。

助産師の転職先を選ぶ基準とは?

助産師の転職先を選ぶ基準とは?

助産師の転職先を選ぶ際には、次のようなところに注目しましょう。

職場の雰囲気

職場の雰囲気が悪いということは、人間関係がギスギスしているということです。人目が気になり仕事に集中できないような雰囲気の職場は避けた方がよいでしょう。

労働時間と時間帯

職場によって、労働時間や働く時間帯が異なります。フルタイムでしか雇用していないところもあれば、短時間勤務も可能なところもあるので、現在の状況に合わせて選びましょう。

分娩数

より多くの経験を積みたい場合は、分娩数が多い職場を選びましょう。ただし、それ以上に助産師が多い場合は、他の職場と同じ程度しか経験できない可能性があります。助産師の数と分娩数を比べて、職場を選ぶとよいでしょう。

内定をもらうために心がけたいポイント

内定をもらうために心がけたいポイント

気になる職場をいくつかピックアップしたら、次は選考を受けることになります。最初から面接のケースもあれば、まずは書類選考の通過が必要なケースもあります。選考を通過するために、心がけたいポイントや準備すべきことなどをご紹介します。

志望動機を練る

助産師は選べる職場が多いため、志望動機を練ることが難しいと感じている方もいるでしょう。どの職場にでも当たり障りのない志望動機は、「生命の誕生に立ち会えることを誇りに感じており、こちらのクリニック(病院・助産院)であれば、より多くの分娩を経験できると感じたからです」などです。

分娩数が少ない場合は、妊婦1人ひとりとじっくり向き合いたいといった志望動機がよいでしょう。その職場の特色から志望動機を考えることが大切です。

信頼されるような受け答え

面接で聞かれることは、志望動機や自己PRなどです。いずれにしても、信頼されるような受け答えを心がけることが大切です。はきはきと自信を持って話しましょう。どれだけ素晴らしい自己PRをしても、小さな声でぼそぼそと話すと、信頼してもらえない可能性があります。

また、助産師は妊婦に関わるため、人柄が重視されます。思いやりがあり、優しいイメージを与えられるように受け答えをしましょう。体育会系のような話し方は好まれない可能性があります。できるだけ笑顔で、柔らかい表情で話すようにしましょう。

まとめ

助産師は、総合病院や大学病院、クリニック、助産院などに転職できます。それぞれに特徴があるので、自分に合った職場を選びましょう。また、その職場の雰囲気や分娩数、助産師の数などの調査も必要です。

転職は頻繁に行うものではないので、1回の転職を大切にして、じっくりと選ぶようにしましょう。

助産師・看護師の方におすすめの転職サイト
日本最大級の看護師転職サイト!非公開求人も沢山あります!
マイナビ看護師
全国対応・24時間電話対応で医療業界を熟知したコンサルタントがサポート転職サイト!
看護のお仕事
40万円の転職祝い金がもらえる転職サイト!
看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】“"