プロフィール

30代から始める女子活ブログロゴ

このブログを書いている人

あかめ
助産師ブロガーのあかめと申します♪

現在は助産師として、妊娠中のママや赤ちゃんのサポートをしています。

「30代から始める女子活」というブログ名の由来は、「30代でも女性らしく活動していくこと身をもって発信したい!」と思い「女性が笑顔になれる社会を目指す!」を目標に名付けました。

自己紹介

様々な国に行くのが好きな日本人です

1980年代(年齢は秘密)に生まれ、高校までを海外で過ごし、大学進学のため東京へ。そのためたまに感情的になると英語がでてしまいます。でも日本に住んでいる時間のほうが長くなってきたため、英語で喋るのは自信がありません。

これまで仕事やボランティアや旅行などで、アジアやオーストラリア、ヨーロッパ、アメリカなど17ヶ国ほどに訪れたことがあります。最近は海外に行けていないので、美味しい海外の料理を食べて我慢しています。笑

丸の内OLで営業補佐の事務に勤しむ

大学を卒業し、英語を生かして貿易関係の会社に就職。丸の内で花のOL生活を送りました。仕事を始めてからは、毎日のように、接待などに追われました。

そして、普通のOLのように丸の内や銀座で美味しいものを食べたり、ショッピングや合コンを楽しんでいましたが、何か物足たりませんでした。そんな中、20代後半で以前からの夢であった海外ボランティアを行うために仕事を辞めることを決意しました。

海外ボランティア先でとある助産師に出会い運命が変わる

2年間、中央アジアにボランティアとして派遣されました。そこでは日本人を兄弟として扱ってくれ、多くの心暖かい人に出会いました。そこで「幸せって何だろう」、「自分はどうなったら幸せなのかな」、「これからの人生をどう生きたいかな」と考え始めました。

30歳から助産師のキャリアを目指す

海外ボランティアでの経験から、私も暖かい人になりたいと強く思い、助産師を目指したのが30歳!

いい歳ですよね。。笑

看護学校時代は自分より一回り以上に若い子ばかりでしたが、みんなと一緒に楽しく勉強できました。

そこから予備校に通い、看護専門学校に3年間通い、その後1年間助産師学校に通い、国家試験を受けて、30代半ばで助産師になることができました。現在は助産師として働いています。

まだまだ未熟ですが、転職も経験したり、助産師という仕事にも慣れてきて現在に至ります。

色々経験してみてわかったのは、何かを始めるのに早いも遅いもありません。「何をやりたいか」、「何になりたいか」、「誰の役に立ちたいか」が重要だとすごく実感しています。

ブログを始めた理由

今までの経験を活かすため、改めて勉強してアウトプットするため、様々な社会を知るため、ブログをはじめました。

妊娠した時でも、少しでも収入になればと思いアフィリエイトも行なっております。

趣味や好きなこと

趣味は日本舞踊です。10代後半の時にビビッときてからずっと通い続けています。今は女が大蛇と化して愛する男を焼き殺してしまうという道成寺伝説を元に作られた「京鹿子娘道成寺」という有名な曲を習っています。

 

「30代から始める女子活ブログ」について

ブログのテーマ

助産師の経験や30代の女性をテーマに、主に

  • 結婚
  • 美容・ヘルスケア
  • 妊娠・出産・赤ちゃん
  • 働き方
  • ライフスタイル

などについて記事を書いています。

掲載広告について

当ブログではアフィリエイトプログラムに参加しています。

アフィリエイトプログラムは、掲載された広告に対しユーザーが商品やサービスを購入することによって、サイト運営者が報酬を得る仕組みです。

Google AdSenseに参加しています

当ブログは、Google AdSense の広告を掲載しています。
Google Adsenseはデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用して広告配信をしています。

Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。

情報提供を望まない場合は、Googleのポリシー、または原則のページより、Cookieオプションを使用しないように設定することができます。

Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています

当ブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

免債事項

当ブログに掲載された情報を利用される場合は、ご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は、責任を負いかねます。予めご了承ください。

お問い合わせや掲載の依頼など

お問い合わせや掲載の依頼などは、こちらへお願いします。

それでは、著者と当ブログをどうぞ宜しくお願いします!